廃墟都市生活

その日、柔らかなベッド上で目を覚ました。
ベッドから起き上がり、部屋の灯をつけようと思ってライトスイッチに手を伸ばす。
だがそれはライトスイッチではなかった、カーテンレールの滑車が回転し、朝日を取り入れようとカーテンが開かれる。
全面ガラス張りの窓からは都市が見えた。
奥に高層ビル群、手前に中層、至近に低層が見える。
それら全てが自分の位置から見えるのは丘の上に立っている中層ビルの上層階に自分が居るからだ。
「定時連絡です」
部屋に声が響く。
声の方向に目を向けると電子端末が置かれていた。
それに手を触れると自動的に電子端末は起動し、ディスプレイは僅かに聞こえる低音を鳴らす。
するとたちまちディスプレイは画面真っ白に表示され、同時に “ワールドオーダー”と呼ばれる放送局に繋がる。
なぜこれが放送局だと自分が知っている?
その疑問を解消する間もなくディスプレイでは報道が開始される。
「本日、0700時点での中央都市の状況連携です」

光がディスプレイの走査線上で様々な色彩を放ち明滅する。
それは様々な中央都市の高層建築物群を写していた。
だが大規模な建物とは裏腹に人が見当たらない。
「空中捜索機14体、地上捜索機24体を投入しましたが本日も中央都市で人影は発見できませんでした」
ディスプレイ越しにアナライザーと呼ばれる人工知能がそう告げた。
通知を切り、アナライザーに別れを告げるとキッチンへ向かう。
部屋の冷蔵庫を覗くとクッキーと冷やされた紅茶があった為、これを口にした。
窓から覗ける景色が絶景だ。
だがあまりにも世界が静かだ、車の走る音も聞こえない。
窓辺の机には望遠鏡が置かれていたので覗く。
都市を見回すが、当たり前だがアナライザーが告げたように人は見えなかった。

「今日のーーー!!!歓楽街はーーー!!!」
画面には国際条約で保護される鳴き声が奇妙な動物よりも酷く珍妙な声を張り上げ、髪の毛は流体のように重力に逆らって組み上げられた逆バベルの塔のような形状をしており、毛色は艶やかに染め上げた人物が映し出された。
この人物はたった1人で無人の歓楽街を歩き、建築物を破壊し、物を盗み、最後は破片と商品を組み合わせた奇妙な構造物(本人は芸術と称する)を組み立てる。
動画がアップロードされるたびに数千万回の再生回数を瞬時に叩き出す人気娯楽の一つだ。
確かに声の抑揚が極端に上がり下がりする精神不安定を想起させる人間を見るのは何よりもエンターテイメントだろう。
だが幸いにして優れた聴覚と視覚を持つ自分は、その感覚を破壊されるような音と見た目で非常に不快指数が高い。
「これを見ないといけないのか?」
「見ないといけません」
アナライザーは無慈悲にそう告げる。
画面の中の奇声獣が歓楽街を走り回り、いつものように破壊と窃盗を繰り返し最後は構造物を組み立てる。
これはもはや子供の遊びとすら言えない。知性も倫理も持たない暴れる獣そのものだ。
「本日のテーマはー、宇宙ーーー!!!タイトルはーーースペースアニマル!!!!」
男性器に見立てた下品で卑猥な構造物にそう呼び名をつけた奇声獣は満足そうに頭部を上下にゆっくり揺らすと、拍手の効果音が鳴り響いて番組は終わった。
ディスプレイが真っ暗になると、そこには明らかに不機嫌な表情の自分の顔が反射していた。
「アナライザー、見たぞ」
「ではこちらをご覧下さい」
アナライザーが捜索機映像を表示すると、そこには先程のゴミの鮮明な映像があった。
「このスペースアニマルが」
「この下品な構造物を少しでも価値があると思ってしまいそうな名前で呼ぶのは不愉快だ、ゴミと言え」
アナライザーは1ナノセカンドの時間もかけずに、スペースアニマルの単語をゴミへ置換して発言し直す。
「このゴミが発見されたのですが、この映像で映し出された場所とは違うようです」
つまり撮影場所と実際の展示場所が違うと言うことか。
「アナライザーの考えは」
「推論ですが、幾つか考えられるのは制作後に本人が移動させた、他人が移動させた、あるいは元々こちらあった物を移動させて撮影し元に戻した、などが考えられます」
「このゴミを作った人間が近辺に住んでいる形跡は?」
「靴を発見しました」
「靴はそこら中にあるだろう」
「比較的真新しい皮脂がこびりついた靴です」
その単語を聞いて気分が悪くなった。
「それでそのゴミを作った人間は?」
「捜索中です」

この廃墟となった都市には遊び目当てで、あるいは無秩序と無法を求めて一定数の人間が侵入する。
と言っても電気も上下水道もまともに機能せず、コンクリートだらけで食糧生産すら出来ない腐敗臭のする都市のため
ここで暮らそうなどと考える人物は極めて特殊な性癖の持ち主だ。

「電子餌を出せ」
その言葉を聞いてアナライザーは壁面に収納されていた複数の小型ドローンを呼び出す。
小型ドローンと情報連携をとるとすぐさま小型ドローンは飛行を開始し、都市部へ浸透していった。
「回収効果予測は」
「23%ぐらいでしょうか」
アナライザーはそう答えたが、どこか楽しそうな口調にも聞こえた。

翌日、アナライザーは旧式アンドロイドを行動麻痺させた状態で運んできた。
「電子餌に引っかかりました、こちらになります」
「これがあのゴミか?」
「正確にはゴミから指令を受けた代理体です」
そう聞いて俺はため息をついてソファにぐったりと倒れた。
「どうせそんなことだろうと思ったよ」

代理体は忙しいエンターテイナープロデューサーに代わってコンテンツを量産するためのBOTだ。
コンテンツは知的な物から下品なものまで幅広いが、主に破壊的低俗的コンテンツに使われる。
BOTにそれらを代行させることによってプロデューサーの被訴訟リスク、被暴行リスク、社会的評価の低下を避けながらコンテンツを量産するのに適しているからだ。
「映像、音声は学習システムによる合成、脚本には2000年代初頭に流行った動画の脚本が流用されています」
「こう言うのをエコ・コンテンツとでも言うのか?」
「人間の感情を煽ることは金銭収入と注目に繋がります。このような目立つ活動をする架空投稿者を作り出すことで経済活動を行っていたものと推測されます」

代理体は面倒だ。
と言うのもたいていの場合、捕らえられた瞬間にデータは削除され親子関係を示すデータは全て削除されるトリガーが仕込まれている。
もちろん法的にそんなことは許容されないが、購入者を保護するサードパーティーシステムとしてそれらが仕込まれている。
「また網を仕掛けるところから全部やり直すぞ、アナライザー」
そう言ってサンドイッチに手を伸ばし、やる気無く口にした。
「この代理体ですが、どうやら有機脳が使われています」
それを聞いて口に含めたばかりのサンドイッチを俺は空気圧で吹き飛ばした。
唖然としたまま俺はアナライザーを見つめると、アナライザーもそれに同意した。
「どうやら人身売買もしくは違法市場の類のようですね」
「それなら管轄が違うだろうがよぉ!」
頭を抱えて俺はテーブルの物を全て払い除け、緊急端末を取り出して保安局にコールをした。

軌道投下

無線通信が激しく飛び交う。
目に見えない波動は音を伝え、相互に交信と発信を行う。
「ミッションカウントシーケンス、待機」
フォスから支援を受けたこの航空機は上空1000km以上の低軌道を飛行している。
「リンケージカウントシーケンス開始、2、1、イグニッション」
「リンケージステージング開始、移行ステージングへ遷移」
今回の軌道投下は南極機構の要請で始まった。
南極機構は膨大な資材と人材を集中投入し、数多の組織から支援を受けている。
そこから得られる多くの軍事的な勢力は様々な領域に影響を与えている。
「アライブシグナル受信」
それは元々は芸術品を提供したいと言う好事家から始まったことだった。
その好事家が言うには全ては空からやってきたのだから、空に還すべきと。
「フォールカウントシーケンス開始、2、1、イグニッション」
「フォールステージング開始、移行ステージングへ遷移」
何もこんな時代にそんな作家のようなことを言わなくてもと思った。
それは私だけの意見ではなかったし、多くの現場担当者もそう考えていたはずだ。
それでも私達の護民官は真面目にその言葉を受け取り、空に行きましょう、と返した。
「状態正常」
「正常確認」
「パージステージング、ミッションカウントシーケンス開始」
空には数多の光の筋が見えるだろう。
その軌道投下先にはこれから砲火が見えるに違いない。
投下先領域管理者は第三計画だが、もはや南極機構にとってそれは些末なことだった。
「ミッションカウントシーケンス」
無機質なカウントダウンが始まる。
いつものように、日常のように。
「3、2、1、ミッションラン」
「ランステージングへ遷移」
「状態遷移確認」
その時は夜空であり、空は雲は少なく、そしてまるで昼のように明るい光が輝いた。
人類が手にした光が惑星を照らす、それは明日を照らす光なのか、身を焦がす光なのか分からないまま、私達はこの光を享受する。

<– 旧世界 南極機構 先導官日記より –>

傘の音

あの日は傘をさして出かけたが、傘にほとんど雨粒が当たる音がしなかった。
ただ大気中に溺れそうなほど濃い水滴が漂っていたし、自身の被服に付着して鬱陶しいことこの上無かった。
もう雨は止んだのだろうと傘を下ろすと途端に雨粒が額に直撃し、私はしぶしぶまた傘上げ直した。

そんな天候の中でも遠くから息を切らせた声はハッキリと聞こえた。
走ってきたのか少女は全身が水滴と汗が混じり水浸しになりながら私の名を大きな声で呼んだ。
どこからか私を見つけたのだろう。
そしていつものように担当者である私宛に無数の人がそうしたように陳情を目的とした手紙を私に託すのだ。
私が見ることもない手紙を。

そう思って覇気の無い万人に対する公平性を意味する無表情で応対する。
これは何も意地悪や悪意でやっていることではない。
これが最も合理的で公平で論理的な選択肢なのだ。

少女からの手紙を受け取り、私は中身を確認せずポケットに仕舞い込んだ。
笑みを浮かべ雨に打たれる少女に早く帰宅するよう促し、私は道を歩く。
3ブロック先のレストランで食事するためだ。
傘に当たる雨の音が様々な騒音をかき消す。
車の音、雨宿り先を探している猫の音、物陰に必死で隠れる虫達、雨の中楽しそうにはしゃぎまわる犬、同じように傘を持って歩く老婆や青年。

雨は万人に対して平等だ。
そうであるとそれを人間が認める以前からそれは存在していた。

レストランについて傘を畳み、店員に傘を預けて中へ案内される。
暖色系の装飾が冷えた身体を心から温めてくれる。
それが錯覚だとしても、装飾と言うのはとても大事な要素だ。
誰も毒気のある色合いの中で食事したいとは思わない。

私が食事をしている中、レストランの窓から外を見ると先ほどの少女が再び手紙を片手に歩き回っていた。
そして誰かれ構わず手紙を渡し、お願いしていた。
中には受け取る者もいれば、即座に破り捨てる者もいる。
少女のその必死さに私の意識を再び手紙へ向けた、あの手紙の中身を。

Project Animus

新アルバムをリリース予定です。
以下で販売予定です。

https://booth.pm/ja/items/2802210

人と天使の物語

大昔、それはもはや言葉で表現するには足りないほど原初の話。
古来、人は神や天使のすぐそばで暮らしている。
しかし人が神の意思を直接確かめることは出来ないが、少なくとも人の生活に頻繁にちょっかいをかけてくる天使を許すほどには人、神、天使の存在は互いに近い。

ある日、天使は一つのことを思い実行した。
かつて人は雷鳴と闇夜に怯え、風雨と飢えに苦しんだ。
だが火と道具を得た人は様々な困難を乗り越え、生きることに余裕が出てきた。
そんな人らに喜びを与えたい、音を与えたらどうだろう。
天使は木の枝で様々な物を叩いて音を鳴らしてみせた。
その音は歪で華麗とは決して言えない不細工な音だ。
「さぁ人の子らもやってみるのだ」
人は天使が叩くのに使っていた木の枝を奪い取ると様々な物を叩き始める。
「私の木の枝が特別なのではなく、どこにある木の枝でも出来るんだよ」
すると人は様々な木の枝で次々と叩いて音を鳴らし始めた。
そしてある者は自らの手で胸を叩き、腹を叩いて音を鳴らした。
「おお、自らを音とするか人の子らよ」
天使は驚嘆の声をあげて、喜び音を奏でる人の姿を見続けた。
それは最も神と天使と人が平和な時代だった。

社会構造変革と言う行為に対する飢餓感

人類社会は危急存亡の事態に直面し、社会変革を求められた。
より具体的には生存率を高める為の統一価値観と社会構造を最重要価値と設定した。

統一価値観とは何であろう?
人々の思考や価値観をおしなべて均等かつ同一の物とすることであろうか?
実際のところ、為政者はそれらに全く期待していなかった。
それどころか思考と行動の混乱による信じられないほどの選択肢の多様性をむしろ見ていた。

ではこの場合における統一価値観とは何であろう?
それは人類社会単位における施策ではなく、生命単位における価値観の統一である。

要するに生きるには幸せになるには互いに助け合うには、これらの目標を設定する価値観が根源的な統一価値観として設定された。
たかがそれだけと言う人々も非常に多かった。
だが指針が示されたことで混乱と混沌に見舞われていた人々にとっては救いにもなった。

これら統一価値観は別名として生命倫理と呼ばれた。
人としてではなく、生命として最重要の倫理であると呼ばれたのである。

我々は強制と支配を嫌悪しながら、名を変えた指導と誘導を常に求めている不合理な生命体なのだ。

<– 旧世界 統制記録より –>

シェルクレイム侵犯

安全領域と考えられていたシェルクレイムに不定形意思疎通可能物体オムニゼロが出現した。
オムニゼロの外見は常に流動的で呼称が極めて難しい。

これは神の代理人と当初捉えられたが、後に惑星意識による侵犯試験物体であることが判明した。
攻撃装備を保有している形容が見られない為、最初は敵性物体と認識出来なかった。
だがシェルクレイム浸透部隊からの攻撃報告により、
敵性物体と認識してからは我々は即座にこの物体の破壊を試み、その場では問題を解決した。

しかしながら三ヶ月ほど経過した後、小規模ではあるが組織化された惑星意識侵犯群を確認し、かつそれらは武装しており
シェルクレイム空間での戦闘行為に発展した。

この時点で、神域と考えられていたシェルクレイム領域に出入りしていた人物が複数名、惑星意識に確保されていたことが判明した。
我々はそう遠くない時期に、安全領域を再び喪失する事態に遭遇するだろう。

<- 惑星意識戦争 戦時記録ファイル 状況報告書より->

アレン人類機構 A01 陽に照らすために

ソスタル、ネイ、リウア。
社会は全ての人のために、アレン人類機構情報照会端末のファナです。

先日保護したメセニ統合機構の離脱者(かの機構ではそう呼称されます)から情報を得ました。
その際に幾つかの点が判明しました。

離脱者の脳神経細胞の幾つかに電気信号を送る有機デバイスが脳内に組み込まれている事が判明しました。
この有機デバイスの効果や目的は不明ですが、脳機能の 14%ほどに影響を与えると推測されています。

尚、メセニ統合機構はこの装置を通じて「拡張人類」を産み出すことに執着しています。
拡張人類について何であるかは別途調査が必要でしょう。

我々友好的機構はこの種の情報をノヴァ管理機構やトリンガルス中央機構にも伝達する予定です。

<– アレン人類機構 速報より –>

記憶無き人々

環境:小雨、太陽光レベル6強、濃霧視界限界15メートル、相対湿度100%
波長レベル:レベル1弱
状況:調査済

その日、私はカフェで紅茶を飲んでいた。
それは誰にも邪魔されたくない究極の優雅な時間だ。

カフェの人はまばらで、まさしく最適だ。
多すぎず少なすぎず、この快適な密度が幸福度を高める。

だがそのまばらなカフェで一人距離が物理的に近い人が居た。
その人物はエイブン・ブレックスのオードナーであり、対面に座っている。

紅茶を飲んでオードナーは一息ついた後に口を動かした。
非常に早口でまくしたてるように喋る。
あまりにも早口なため、何回か聞き返した。
この種の人間は全員こうなのだろうか。

オードナーが言うには、一人の人物が外界活動中に記憶を喪失した。
だがそのような事態は元から想定していたことで大きな問題ではないらしい。
問題はその人物は何らかの物品を入手した後、記憶喪失中にその物品をロストした。
その物品が何であるかは私も把握していないが非常に重要な物だそうだ。

おまたせしました。
そう言いながら遅れて一人の少女が断りもなく席についた。
カグナ、私の苦手とする人物の一人だ。
私が口を挟むより早く、カグナはオードナーに話しかけた。

南地区は探したの?
探したが見つからなかった。
となると後は北地区しか無いんじゃないの?
見落としがあるかもしれない。
それを言い出したら永遠に仕事なんてを終わらないんじゃない?
だからこそ外部の知見を頼る段階に来ている。
参加規模は?
12人だ。
たったそれだけ?気が遠くなるね、山の上に陣取って暇そうにしている部隊を動かしたら?
大規模に動かすなと言う指令だ。
どっちかにしてよ、見つけたいのか、隠れたいのか。
隠密に見つけたい。
欲張りだ。
満足するスタート条件なんて世の中に早々あるものじゃない、ある物の範囲内で最大限活かしたい。
分かった、指揮担当を引き継ぐ、他に何かご要望は?
無い。
拝命を受ける。それで貴方は何でここに?

ようやくカグナはこちらに気付いた、と言う顔で話しかけてきた。
私は情報局から渡された資料を、そのままカグナに滑らせた。
カグナは資料を手に取り、書類の扱いに慣れていない手で乱雑に広げると流し読みして言った。
この前と言ってること逆じゃない?
情報局はそう言う物だと言い聞かせると、納得いかない様子で納税者の代弁を続け、
その熱量は書類にぶつけられ、最終的に目の前に情報局の責任者が居ないことに落胆し、一息つくとまた資料を見直した。

それで?私はこの情報を得てどうしたらいいの?
カグナは眉をひそめてこちらに顔を向けた。

識別番号CB-C-A8-1040は記憶喪失した際に一人の心停止した遺体と共に居た。
その遺体はカグナの・・・よく知る人物ではないが、見知った仲である人物だ。
遺体の内ポケットには遺書のような物が入っていた。

恐らく私の遺体は発見され、回収され、どこかでこの文章も読まれるのだろう。
私の意図が正しく伝わることを願って書くが、残念ながらその全体像や正確性については私も担保出来ない。
私が遺体となる理由も、恐らく不明のままだろう。それで良いと思う。
あえて言うなら意味喪失と言う状態による死、だが生物学的死では無いだろう。
だがそれでも死んでしまうほどの喪失とは何なのか?
我々が、私が私であると言う根拠や理由は一体どこから発生したのだろう?
哲学的問答で誤魔化すつもりは無い、これは本質的な問いだ。
私は私の意味を再定義してくれた友人達に感謝するしかない。
エングラムの再定義は、人類にとっての選択肢なのだ。
私達は境界を超える。越境者である。

<– 旧世界 公示記録抹消済 記録番号抹消済 衛星同盟合同調査記録より –>